〒629-2403 京都府与謝郡与謝野町 加悦1050番地

チェックイン 16:00~ | チェックアウト ~10:00 Tel 0772-42-2012
Fax 050-3737-3310

医食同源会席

  • TOP
  • 医食同源会席

あなたは、普段のお食事を大切にしていますか?

  • 忙しいので、なるべく短時間で済ませるようにしている。
  • 毎日のことだから、安く済んで、おなかが膨らんだらそれでいい。

こんな風に思っていませんか?

私達は、「明日の私達の身体を作るための、大切な材料であり、エネルギー源」
それが「食事」だと思います。

でも、毎日忙しいと、なかなか気にかけてられないですよね・・。
だからこそ私達は、井筒屋にご宿泊いただいたお客様には、
身体の中から元気になって、お帰りいただきたい、そう思っています。

「人間の身体 本来求める、自然の摂理を大切にしたお料理。」
「旬の物を、旬の時期に食べる。」
それこそが、私達の目指す料理だと考えています。

ですが、一般的に言われている魚の旬は、そのほとんどが江戸時代に認識されたもので、
海の中も、陸の上も、今現在は大きく変っています。

 ですが、冬はカニとブリ、夏はハモ、と人間の市場で売れやすいコース料理を汲んでいると、仕入れも人間の都合にあわせることになりますので、海の中の変化はわかりません。
 また、魚の種類を限定してしまうと、やせていて美味しくなさそうでも買わないと仕方なかったり、他の地域で獲れたものを取り寄せないといけない、あるいは養殖物を使わざるおえない・・。
 それは私達が目指す魚料理とは、大きくかけ離れてしまいます。

 だからあえて、私達は、魚の種類を限定せずに、「その日水揚げされた魚の中で、よく肥えているもの、健康状態のよいもの。」そんな魚を目利きして仕入れます。

そうすることで、魚の種類も、気が付いたら見かけなくなったり、あるいはこれまで見たことの無いものが揚がったり、脂の乗る時期が変わってきたり・・海の中の様子が、板長の仕入れた魚の状態から、なんとなく読めるんですね。

そんな、海の中の変化が透けて見えるような、板長の医食同源会席。
決して大衆受けはしないですが、だからこそ、喜んでお召し上がり頂けると、本当に嬉しいです。

~美味しい魚と野菜たっぷりのお料理で、
身体の中から元気に!~

お客様のアンケート結果から、プランを少しずつ変えてみました。
ご希望のプランを選んでくださいね。

  • 初めて井筒屋の料理を食べる。
  • 丹後の郷土料理・丹後ばら寿司が食べたい!
  • 3世代、4世代家族等、様々な年齢層で食事をする。

そんなあなたには、
伝統の郷土料理を味わう旅。地魚たっぷり!医食同源・丹後ばら寿司会席。をおすすめします!

  • 井筒屋に泊まるのは二回目以降。
  • 板長こだわりの地魚料理を、白いご飯で味わいたい。
  • 子どもなど、同行者が白いご飯しか食べない。(寿司ご飯が苦手)

そんなあなたには、
自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席をおすすめします!

  • 井筒屋に泊まるのは二回目以降。
  • 板長こだわりの地魚料理を、お酒とあわせて楽しみたい。
  • お酒の後に、麺類が欲しいなあ・・。

そんなあなたには、
地酒と味わう、季節の魚との一期一会。地魚たっぷり!医食同源会席をおすすめします!

伝統の郷土料理を味わう旅。地魚たっぷり!
医食同源・丹後ばら寿司会席。

伝統の郷土料理を味わう旅。地魚たっぷり!医食同源・丹後ばら寿司会席。
お料理の一例です
季節によりかわります。
伝統の郷土料理を味わう旅。地魚たっぷり!医食同源・丹後ばら寿司会席。

このプランの特長

◎丹後を代表する郷土料理・
丹後ばら寿司が食べられるプランです。
そして私達がお出しするばら寿司の特色は、
「地元でとれた天然サバで、ばら寿司のサバのそぼろを作っていること。」
かつて丹後の各漁港では、サバが沢山水揚げされていましたが、
近頃は漁獲量が激減し、値段も跳ね上がりました。多くのお店は調達が安定している養殖のサバや、
サバの缶詰からサバのそぼろを作ります。
ですが、井筒屋のばら寿司は、地元の漁港で水揚げされたサバを、
漁師さんから直接買い付け、一尾一尾丁寧に骨抜きをして、そぼろを作っています。
噛めば噛むほど味が出てくる、不思議なそぼろ。板長のこだわりを、是非味わってくださいね。
◎旬の小鉢
季節の海の幸、山の幸を使った小鉢。
◎板長のこだわりの小鉢
旬魚を使った手作りの小鉢。
お酒やあったかいご飯がすすみます。
◎板長が厳選した、旬魚の御造り
どんな魚のお刺身が出るか・・?
当日までだれにもわかりません。
◎あっさりサラダ風酢の物
板長が目利きした魚を
自家製の酢味噌・ポン酢・梅和え・・etc
板長のおすすめで召し上がってください。
◎存在感抜群の焼き物
脂ののった魚を
表面はパリッと
中はジューシーに焼き上げます。
◎季節の魚の天婦羅
季節の魚を、与謝野町産の
全粒粉小麦粉でさっくり揚げました。
衣の色は茶色ですが、小麦本来の色です。
◎白味噌と生姜の薬膳鍋
おひとり様用の小鍋でお出しする薬膳鍋。
身体の内側から癒されます。
井筒屋の絵巻寿司
板長が作った魚の〆物と、「鯖のそぼろ」をのせた丹後ばら寿司、
二種類のお寿司が楽しめます。
 また、井筒屋では、地元でとれた天然サバで、
ばら寿司のサバのそぼろを作っています。
「口に入れたときよりも、噛めば噛むほど味が出てくるふしぎなそぼろ。」
是非味わってくださいね。

そしてコウノトリが飛来する、与謝野町の水田。農薬を極力抑えて、
どじょうやタニシ、シジミなど、沢山の生き物が生きている証です。そんな田んぼで作った、
心と身体に優しい丹後コシヒカリを、ばら寿司の寿司飯に使っています。
◎お吸い物
板長こだわりのお吸い物。その時の仕入れによって、
出汁のベースになる白身魚が変わります。一期一会の味をお楽しみください。
また、お吸い物の椀は80年以上前に作られた漆塗りの椀でお出しします。
漆塗りは、実は使わないといたんでしまいます。大切に取っておいたら、
ひびが入ってしまった・・。だったらお客様に楽しんでいただこう!そう思って、お出ししています。
戦前は、常連のお客様には来店のたびに、器を変えていたそうです。
そのために沢山の器があり、そしてその椀の柄一つ一つに、
物語があります。井筒屋の歴史も一緒に、味わってくださいね。
◎季節のデザート
自家製のアイス

このプランのご予約はこちら!
伝統の郷土料理を味わう旅。地魚たっぷり!医食同源・丹後ばら寿司会席。

電話で予約→0772-42-2012
メールでお問い合わせ info@chirimenkaido-idutsuya.jp 直接予約特典!・・ホームページまたは電話・メールで宿泊の予約をいただくと・・HP限定プラン&接予約特典

地酒と味わう、季節の魚との一期一会。
地魚たっぷり!医食同源会席。

地酒と味わう、季節の魚との一期一会。地魚たっぷり!医食同源会席。
お料理の一例です
季節によりかわります。
地酒と味わう、季節の魚との一期一会。地魚たっぷり!医食同源会席。

このプランの特長

◎料理の〆には、板長こだわりの出しで
味わう「うどん」
お酒と料理を楽しみたいお客さまから、「ばら寿司無しのプランってないのかな?」というご意見をいただいて作ったプランです。
その時の仕入れによって、うどん出汁のベースになる白身魚が変わります。その味は、まさに一期一会!あなたのために、板長が丹精こめて作ったうどんだしです。
◎旬の小鉢
旬魚を使った小鉢料理。
お酒やあったかいご飯がすすみます。
◎板長が厳選した、旬魚のお造り
どんな魚のお刺身が出るか・・?
当日までだれにもわかりません。
◎板長が厳選した、旬魚の御造り
どんな魚のお刺身が出るか・・?
当日までだれにもわかりません。
◎あっさりサラダ風酢の物
板長が目利きした魚を
自家製の酢味噌・ポン酢・梅和え・・etc
板長のおすすめで召し上がってください。
◎存在感抜群の焼き物
脂ののった魚を
表面はパリッと
中はジューシーに焼き上げます。
◎季節の魚の天婦羅
季節の魚を、与謝野町産の
全粒粉小麦粉でさっくり揚げました。
◎白味噌と生姜の薬膳鍋
おひとり様用の小鍋でお出しする薬膳鍋。
体の内側から癒されます。
◎料理の〆には、板長こだわりの出しで味わう「うどん」
知ってますか?与謝野町には、臨済宗妙心寺派のお寺が沢山あります。
妙心寺派は、「うどんをこよなく愛するお寺」であり、
その名残か、小さな製麺所が沢山あります。
その製麺所で作られた地元うどんに、板長こだわりの魚でとったお出汁をかけて味わってください。
その時の仕入れによって、出汁のベースになる白身魚が変わります。
その味は、まさに一期一会!あなたのために、板長が丹精こめて作ったうどんだしです。
◎季節のデザート
自家製の手作りデザート

地酒と味わう、季節の魚との一期一会。地魚たっぷり!医食同源会席。

電話で予約→0772-42-2012
メールでお問い合わせ info@chirimenkaido-idutsuya.jp 直接予約特典!・・ホームページまたは電話・メールで宿泊の予約をいただくと・・HP限定プラン&接予約特典

 

自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!
旬の魚との一期一会・医食同源会席

自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席
自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席
お料理の一例です
季節によりかわります。

このプランの特長
「井筒屋の白いご飯の美味しさが、忘れられない。」
「晩御飯のとき、お寿司もいいけど、白いご飯で食べたかった。」
そんなお客様の声を、反映しました!
私自身、若い頃は、板長の料理で白いご飯を五杯食べたことがあります(笑)
「白ご飯が大好き!」
そんなあなたにこそ、おすすめしたいプランです。

◎旬の小鉢
季節の海の幸、山の幸を使った小鉢。
◎板長のこだわりの小鉢
旬魚を使った手作りの小鉢。
お酒やあったかいご飯がすすみます。
◎板長が厳選した、旬魚の御造り
どんな魚のお刺身が出るか・・?
当日までだれにもわかりません。
◎あっさりサラダ風酢の物
板長が目利きした魚を
自家製の酢味噌・ポン酢・梅和え・・etc
板長のおすすめで召し上がってください。
◎存在感抜群の焼き物
脂ののった魚を
表面はパリッと
中はジューシーに焼き上げます。
◎季節の魚の天婦羅
季節の魚を、与謝野町産の
全粒粉小麦粉でさっくり揚げました。
衣の色は茶色ですが、小麦本来の色です。
◎白味噌と生姜の薬膳鍋
おひとり様用の小鍋でお出しする薬膳鍋。
身体の内側から癒されます。
◎こだわりの丹後コシヒカリと香の物
コウノトリが飛来する、与謝野町の水田。
農薬を極力抑えて、どじょうやタニシ、シジミなど、沢山の生き物が生きている証です。
そんな田んぼで作った、心と身体に優しい丹後コシヒカリを、白いご飯でぜひ味わってくださいね。
◎お吸い物
板長こだわりのお吸い物。その時の仕入れによって、出汁のベースになる白身魚が変わります。一期一会の味をお楽しみください。
また、お吸い物の椀は80年以上前に作られた漆塗りの椀でお出しします。
漆塗りは、実は使わないといたんでしまいます。大切に取っておいたら、ひびが入ってしまった・・。だったらお客様に楽しんでいただこう!そう思って、お出ししています。
戦前は、常連のお客様には来店のたびに、器を変えていたそうです。そのために沢山の器があり、そしてその椀の柄一つ一つに、物語があります。井筒屋の歴史も一緒に、味わってくださいね。
◎季節のデザート
自家製のアイス

自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席

電話で予約→0772-42-2012
メールでお問い合わせ info@chirimenkaido-idutsuya.jp 直接予約特典!・・ホームページまたは電話・メールで宿泊の予約をいただくと・・HP限定プラン&接予約特典