〒629-2403 京都府与謝郡与謝野町 加悦1050番地

チェックイン 16:00~ | チェックアウト ~10:00 Tel 0772-42-2012
Fax 050-3737-3310

医食同源会席

  • TOP
  • 医食同源会席

ネット人気のブランド米を買ったけど、美味しくなかった・・。

そんな経験はありませんか?
井筒屋のお米は、「井筒屋で食べるからおいしい。」のではなく、井筒屋で使っているお米がおいしいんです。
地元の方は普段からおいしい丹後コシヒカリを食べていらっしゃるので井筒屋に来て別段「コメがうまい!」とはあまりおっしゃいません(笑)
でも、他府県からのお客様には、丹後コシヒカリは皆さん口をそろえて「お米が最高でした!」と言っていただけます。
地元の農家さんに、常においしいお米を供給していただくために私達が取り組んでいることがあります。

工夫その1 仕入れ先を一軒に絞らずに、数軒の農家さんと契約する。
井筒屋では、常に数軒の農家さんから仕入れています。
そのため、悪い米を納品された農家さんとは、次の取引はありません。
非情なようですが、お客様に最高のお米をお召し上がりいただくために必要なことだと思っています。
そして、もう一つ、

工夫その2 井筒屋ではほとんど値段交渉をしません。
農家さんの言い値です。
私も営業の端くれですので、最初から足元見て値段交渉してくるお客様よりも、こちらを信頼してくださるお客様を大切にしたい・・そう思います。
なにより、日本の農業がこれ以上衰退しないように、消費者も「安ければよい」という考え方を改めるべきだと思います。
おいしいものには、それ相応の価格が付くものです。
ですから、あえて値段交渉はしません。
でも、他にも契約している農家さんがいることを皆さんご存知ですし長期的な取引を望んでおられますので法外な値段をふっかけるかたもいません。

工夫その3農家さんのやる気を引き出す。
同時に、井筒屋としても、農家さんの努力に報いようと、手作りのラベルを貼ったり、手書きのメッセージを入れたり、いろいろするわけですね(笑)
また、与謝野町のコメがなぜうまいか?
切々と語った文章を、お米に同封しています。
そして農家さんにも、それをお見せしています。
私たちがそうであるように、お米の作り手である農家さんも、食べた人がどんな感想なのか?知りたいと思うんです。
私たちも、消費者の一部ですから、農家さんに、お米を食べた感想を伝えるようにしています。

 

  • 板長こだわりの地魚料理を、おいしい白いご飯で味わいたい。
  • 子どもなど、同行者が白いご飯しか食べない。(寿司ご飯が苦手)

そんなあなたには、
自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席をおすすめします!

板長のこだわり会席×農家のプライド

3,800円コース(税別)

3,800円コース(税別)

1.季節の魚の刺身
2.焚き合わせ
3.旬魚の酒粕焼き
4.地元産小麦の全粒粉を使った季節の魚の天婦羅
天婦羅の塩も、板長の手作りです。
5.白ご飯・香の物
農家さんが、プライドをかけて作る丹後コシヒカリ
6.お吸い物・・昭和初期のの漆塗りの椀で味わう、こだわりのお吸い物
7.自家製のアイス

5,000円コース(税別)

3,800円コース(税別)
◎板長が厳選した、旬魚の御造り
どんな魚のお刺身が出るか・・?
当日までだれにもわかりません。
◎あっさりサラダ風酢の物
旬板長が目利きした魚を自家製の酢味噌・ポン酢・梅和え・・etc
板長のおすすめで召し上がってください。
◎存在感抜群の焼き物
脂ののった魚を表面はパリッと中はジューシーに焼き上げます。
◎季節の魚の天婦羅
季節の魚を、与謝野町産の
全粒粉小麦粉でさっくり揚げました。
衣の色は茶色ですが、小麦本来の色です。
◎白味噌と生姜の薬膳鍋
おひとり様用の小鍋でお出しする薬膳鍋。
身体の内側から癒されます。
◎こだわりの丹後コシヒカリと香の物
コウノトリが飛来する、与謝野町の水田。
農薬を極力抑えて、どじょうやタニシ、シジミなど、沢山の生き物が生きている証です。
そんな田んぼで作った、心と身体に優しい丹後コシヒカリを、白いご飯でぜひ味わってくださいね。
◎お吸い物
板長こだわりのお吸い物。その時の仕入れによって、出汁のベースになる白身魚が変わります。一期一会の味をお楽しみください。
また、お吸い物の椀は80年以上前に作られた漆塗りの椀でお出しします。
漆塗りは、実は使わないといたんでしまいます。大切に取っておいたら、ひびが入ってしまった・・。だったらお客様に楽しんでいただこう!そう思って、お出ししています。
戦前は、常連のお客様には来店のたびに、器を変えていたそうです。そのために沢山の器があり、そしてその椀の柄一つ一つに、物語があります。井筒屋の歴史も一緒に、味わってくださいね。
◎季節のデザート
自家製のアイス

6,000円コース(税別)

2017年じゃらんアワードを受賞した、「医食同源会席」
「魚をいっぱい食べた!」
「こんなにいろんな魚を食べたの初めて!」
遠方からのお客様に人気のプランです。

  • 板長こだわりの地魚料理を、おいしい白いご飯で味わいたい。
  • 子どもなど、同行者が白いご飯しか食べない。(寿司ご飯が苦手)

そんなあなたには、
自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席をおすすめします!

 

 

自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!
旬の魚との一期一会・医食同源会席

自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席
自慢の丹後コシヒカリで食す!地魚たっぷり!旬の魚との一期一会・医食同源会席
お料理の一例です
季節によりかわります。

このプランの特長
「井筒屋の白いご飯の美味しさが、忘れられない。」
「晩御飯のとき、お寿司もいいけど、白いご飯で食べたかった。」
そんなお客様の声を、反映しました!
私自身、若い頃は、板長の料理で白いご飯を五杯食べたことがあります(笑)
「白ご飯が大好き!」
そんなあなたにこそ、おすすめしたいプランです。

◎旬の小鉢
季節の海の幸、山の幸を使った小鉢。
◎板長のこだわりの小鉢
旬魚を使った手作りの小鉢。
お酒やあったかいご飯がすすみます。
◎板長が厳選した、旬魚の御造り
どんな魚のお刺身が出るか・・?
当日までだれにもわかりません。
◎あっさりサラダ風酢の物
板長が目利きした魚を
自家製の酢味噌・ポン酢・梅和え・・etc
板長のおすすめで召し上がってください。
◎存在感抜群の焼き物
脂ののった魚を
表面はパリッと
中はジューシーに焼き上げます。
◎季節の魚の天婦羅
季節の魚を、与謝野町産の
全粒粉小麦粉でさっくり揚げました。
衣の色は茶色ですが、小麦本来の色です。
◎白味噌と生姜の薬膳鍋
おひとり様用の小鍋でお出しする薬膳鍋。
身体の内側から癒されます。
◎こだわりの丹後コシヒカリと香の物
コウノトリが飛来する、与謝野町の水田。
農薬を極力抑えて、どじょうやタニシ、シジミなど、沢山の生き物が生きている証です。
そんな田んぼで作った、心と身体に優しい丹後コシヒカリを、白いご飯でぜひ味わってくださいね。
◎お吸い物
板長こだわりのお吸い物。その時の仕入れによって、出汁のベースになる白身魚が変わります。一期一会の味をお楽しみください。
また、お吸い物の椀は80年以上前に作られた漆塗りの椀でお出しします。
漆塗りは、実は使わないといたんでしまいます。大切に取っておいたら、ひびが入ってしまった・・。だったらお客様に楽しんでいただこう!そう思って、お出ししています。
戦前は、常連のお客様には来店のたびに、器を変えていたそうです。そのために沢山の器があり、そしてその椀の柄一つ一つに、物語があります。井筒屋の歴史も一緒に、味わってくださいね。
◎季節のデザート
自家製のアイス